太陽光発電の導入でこんなメリットが

我が家では昨年から、自宅に太陽光発電システムを導入しています。
テレビでも話題になっていたので、以前から注目はしていました。
しかし設備の価格が高いことから、導入はまだ先送りした方がいいと判断していたのです。
ところが電気料金の値上げが行われることや、発電システムの価格自体が導入しやすいレベルにまで下がってきたのを受けて、導入を決心するに至った次第です。
実際に太陽光発電システムを導入して感じたのが、様々なメリットがあることでした。
その一つは何と言っても、電気料金を大きく抑えることができた点です。
屋根に設置したソーラーパネルが我が家の電力消費をまかなってくれますから、これまでのように電力会社からの電気を使用する必要がなくなりました。
しかも消費電力を節約することで、発電した電気を余らせることにも成功しました。
余った電気は電力会社に買い取ってもらえるので、結果として毎月わずかながら収入が得られるようになったのです。
この収入は家族でちょっとした外食に出かける際に使ったり、発電システムの購入費用にあてがったりしています。
もう一つ、太陽光発電システムの導入で良かったのが、家族が節電に対して強く意識するようになった点です。
毎日の発電量や消費電力量といったものが、キッチンの壁に設置されたモニターで確認できます。
我が家ではそれを毎日チェックすることで、より節電を意識できるようになったのです。
子どもたちもエアコンの設定温度を弱くするなど色々やってくれるので、エコロジーに関する意識を育むことにも成功したように感じています。