太陽光発電はこれからの生活には欠かせない。

福島の原発事故は私たちの電力に対する考え方を根底から覆しました。
それまで安全だといわれた原子力が、いったん暴走すると人間の手ではどうしようもなくなるのです。
そのようなことから、再生エネルギーとして太陽光発電に興味がわくのです。
太陽光を電気エネルギーに変換する安全な電力です。
そしてそれを自宅の屋根で創ることができるのです。
自助努力できるということなのです。
安全な電力を自宅で創り、それを使用して、余った電力は電力会社に売ることができます。
私は東京都の荒川区に住んでいます。
昨年太陽光発電を設置しました。
屋根は南向きで、太陽の光を一番強く受けることができる屋根です。
確かに光熱費を抑えることができました。
そして、私たち家族は節電に対して一層興味を持つようになりました。
消費電力はモニターに映し出されます。
それを見ながら節電に励んでいるのです。
自分のした節電が一目で分かるということは、節電する意識も違ってきます。
我が家に太陽光発電を設置して正解でした。