光熱費の負担を減らしていくには

光熱費、とりわけ夏と冬にかかる冷暖房に関する費用は、最近の電気料の値上がりにより、ますます家計を圧迫するものとなっています。
私たちが今すぐできる光熱費の負担を減らしていく方法は、待機電力を使わないようにすることです。
待機電力を使うのは、炊飯器を保温の状態にしているときや、ブルーレイレコーダーなどを予約状態にしているときや、テレビの電源を待機の状態にしている時などです。
また、電気でいつでもお湯を熱い状態にしておける魔法瓶もかなりの待機電力を使います。
このような余分な電力を使わないようにするためには、ブルーレイレコーダーの設定を、ディスクを再生している時など以外は電光表示板が光ることのないようにしておく、炊飯器でご飯を温めておくのはやめ、ご飯を食べるたびごとに電子レンジ専用の容器でご飯を温めるようにする、などの工夫をするとよいでしょう。
冷暖房にかかる費用を節約するにも様々な方法があります。
冷房にかかる費用を効率よく節約するには、よしずなどを使って日差しが家の中に入らないようにし、エアコンの効率を可能な限り良くすることです。
よしずだけでなく、小屋などを使った緑のカーテンを作って日差しを遮るのも有効です。
また、エアコン自体も可能な限り省エネタイプのものを使うように心がけますと、より電気代を節約していくことができます。
冷蔵庫もかなり夏には電力を消費しますが、これも省エネタイプにすると、かなりの電気代を節約することができます。
そして、さらに光熱費を節約していきたいなら、やはりソーラーパネルを屋根に設置するのが一番でしょう。
ソーラーパネルは初期投資が多少かかりますが、屋根にソーラーパネルを設置しますと、猛暑の夏にいくらエアコンを使っても余分な電力代がかからないのはもちろん、ソーラーパネルで発電して余った電力を売ることもできますので、電力を売れば設置にかかった費用のもとを取ることも可能になっています。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>