1kwにつき5万円がもらえる大田区の補助金制度

大田区は住宅から排出される二酸化炭素の量を減らすために「住宅用太陽エネルギー利用機器設置補助」制度を設けています。
省エネルギー機器・設備を導入した住宅に対し、補助金によって費用(一部)を補助してくれます。
大田区では太陽光発電システムを導入した住宅には1kwにつき5万円を支給しています。
受け取れる金額は最大で30万円です。null
申請の仕方や申し込みのタイミングは市によってまちまちです。
大田区では申し込みは設置後と決まっていますので、太陽光発電システムを設置した後に必ず申請するようにしましょう。
事前申請や予約ができないため、設置したタイミングによっては予算枠が超えている可能性もあります。
ですので導入することが決まっている、もしくは導入を強く希望している方は早めに設置して早めに申請しておくことをオススメします。
太陽光発電は電気をつくる際に地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出しません。
太陽光発電システムを住宅に導入することで、大田区が推進する二酸化炭素排出量削減に貢献することができます。
それはつまり地球の未来のために役立つことにつながります。
現在の暮らしだけでなく、将来も見据えたエネルギー問題に貢献できることが太陽光発電システムを導入するひとつのメリットです。
もちろん光熱費の削減につながるという家庭にとって大きなメリットがあります。
太陽光発電を設置した後は、太陽光からどんどん発電することができるようになり、継続的に省エネに貢献することができます。