太陽光発電を選ぶうえで重要な太陽光発電の価格

太陽光発電価格は、太陽光発電を選ぶうえでとても重要な要素です。
太陽光発電の価格は、様々な要素によって変わってきます。
太陽光発電の設置費用の設置の価格の指標となるものが、国が提示している補助金の対象となるかどうかです。
国の補助金は、55万円/kw以下か47.5万円/kw以下の太陽光発電システムに対して支給される仕組みになっています。
これを踏まえて太陽光発電システムの標準的な価格を算出しますと、3Kwシステムの場合で約149万円から173万円軽度となります。
4Kwシステムの場合は、約199万円から231万円以下が標準的な価格となります。
ただしこの額は、あくまでも補助金の支給対象の上限額となるものですので、太陽光発電の適正価格を見極める目安として考えるのがよいでしょう。
実際に太陽光発電システムを導入する場合には、もっと安い価格で導入が可能となることもしばしばです。
さらに、太陽光発電の価格には、様々な要素が加わっていることを頭に入れておかなければなりません。
一般的には、設置する太陽光発電の容量が大きい方が、Kw単位の価格が安くなる傾向にあるといわれており、容量が小さい場合は逆に、Kw単位の価格が高くなる傾向にあります。
それから、太陽光発電をどのような屋根に設置するのか、といったことも太陽光発電の価格を左右する大きな要素になります。
屋根の形によっても設置価格は変動しますし、太陽光発電を設置する屋根の素材によっても設置価格は変わってきます。
太陽光発電の要となるモジュール自体の価格も、太陽光発電の価格を考える上で忘れてはならない重要な要素のひとつです。
同じ太陽光発電モジュールでも、メーカーによってその価格には大きな差があります。
一番安いメーカーの太陽光発電モジュールの価格は、約3Kwの場合で125万円ですが、一番高いメーカーの太陽光発電モジュールの価格は約3Kwの場合で約180万円となっています。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>